スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】メロディ6月号読みまして


メロディ6月号読みました。

感想です。

以下、ネタバレしておりますので、閲覧にご注意ください。




毎回一読目は、素直に受け入れられない私です。
何度も読み返して、ちょっとだけ落ち着いたので、感想を書きたいです。


まず、清水先生、連載お疲れ様でした。
こんなに魅力的なマンガを作り出してくださってありがとうございました。

最後も、清水先生なりのハッピーエンドをあれこれと(暗い方に)考えていましたが…
薪さんは死なないし、昇格して戻ってくるし、皆も全国各管区の室長になっているしで、
第九はまだ続いて、未来があるという終わり方で、とても嬉しいです。



事件解決にもっと費やすかと思ったけれど、案外そうでもありませんでした。
それよりも、薪さんがどうなるか、の方が、清水先生も描きたかったのかな。
滝沢さんの脳を撃ったこと、罪に問われるのかと心配していても、どこかで何とかなると、長官が何とかしてくれると、思っていただけに、
長官が「許されない」と感情をあらわにしている所で、すごく不安になりました。

薪さんは警察を辞めてしまうんだと思ったら、案の定辞表。
ああ、さっきの・・・病室での、岡部さんとのやり取りで、
「そんなに簡単に人を信じないでください」と、言われ、
「ほんとうに甘ったるい」と滝沢さんの言葉を思い出して、悲しい(とゆうか複雑な)表情を浮かべていた薪さん。
あの時に、決意してしまったんだろうかと思って、何かとにかく読み進めるのが怖くなって行きました。

でも、岡部さんが、薪さんが室長であることを、薪さんを、誇りに思う気持ちを長官に伝えてくださったので、長官の気持ちも動かせたということでしょうか。
岡部さん、素敵です。
ところで、岡部さん、病室に持っていった薪さんの着替えの中に、下着は入っているんですか。何色ですか。どこから持ってきたんですか。薪さんの家行ったんですか。第九内に着替え置いてたんですか。下着もですか。そうですか。(何)


情に流されやすい。
そうか、そうとも言えるのか。
「流されやすい」というのとは違う、もっと肯定的な(人に優しいとか、そんな)イメージだったから、批判的に表現するとそうなるのか。
情に流されやすい薪さんだからこそ、人を信じる薪さんだからこそ、命を大切にする薪さんだからこそ、
皆好きで、皆がこの人についていこうと、思えたんだよね。読者も。



薪さん、海外に行くだろうな~とは思っていたんですが、
帰ってくるとまでは思っていませんでした。
海外に行った薪さんを追いかけるように青木くんが成長していって、いつかまた一緒に仕事ができる…くらいの事を考えていたんですが。

人事部苦肉の策か。
でもそれを、チャンスに変え、薪さんは功績をあげて帰ってくる。
薪さんはどこへ行っても、薪さんで、仕事をこなし、結果を出す人なんだな。
とてもかっこいいなと思います。
そして、功績を残してまた第九に戻ろうと思うその気持ちの原動力は、きっと青木くんとの約束なんだろうなと、そうであってほしいなと、想像して、胸がきゅんとします。



青薪さんの事などについては、また別の記事で書こうと思います。


とりあえず、お二人で話す時間があってよかった。


でも何か、お別れが近づいていくシーンを読んでいたら
秘密ともお別れしないといけないんだと、
もう読めないんだと、もう薪さんたちに会えないのだと、思ったら、
涙がこみ上げてきて、
もう最後なんだって、思ったら、
さみしくて、さみしくて、さみしくて、
涙がぼたぼたとこぼれました。


だけど、あと一話。エピローグもあるようなので、それを糧に生きていきます。
2ヶ月、命が伸びました。
それが終わったら、私の世界は消滅してしまいそう。


何はともあれ。

薪さんが、未来を見て、

薪さんが笑っている。

そんなラストで、本当によかった。




一旦、感想終わり。
青薪さんについてと、
細かい所については、また別の時に。


あっ!カラー絵!について。

これって飲み会的な?お疲れ様的な?
曽我さん既に酔ってるし、小池さんは乾杯に出遅れるしで、かわいい。
という状況は理解できるんだが、
青薪さんは、同じ所にはいないの?
何でみんなは乾杯でビールなのに、青薪さんはマグカップなんだよ。
まさかお湯割りで乾杯とか言わないよな?

これ青薪さんたち見つめ合ってるよね。
二人とも、嬉しいって顔してる。
このカップは、ペア?

あ、そうか、わかったよ。
あいつらは集まって飲むらしい。僕たちは、二人でお疲れ様会しよう。
とゆうわけで、ご自宅で。しっぽり。という事だね☆おっけーだよぉ~☆ウフフ~☆(ローラ的軽さで)
いいよいいよ。それで同じ朝を迎えたらいいの。うん。

青木くんが顔に手をやってるのは、
また、薪さんと一緒にいられる事をよろこんで、感極まって涙が溢れているのを拭ってるのかな。
なんてまぶしそうに、薪さんを見つめてるんだよ、青木くん。




本当、いい加減にしろよ。




はっΣ(´Д`lll)



で、では、青薪さんについての感想は次ということで~

失礼しますー。



関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://himitsuno225.blog.fc2.com/tb.php/142-c437e090

Comment

にに子.

>拍手で鍵コメくださったAさま

こんばんは!拍手・コメありがとうございました!

そうですね、秘密のラスト的には確かにハッピーエンドでした。
犠牲はあったけれど、何より、薪さんの無事が確認できて、
数年後まで確認出来て、本当に安心。嬉しい。
青薪的には…どうなんですか?やっぱり複雑ですか?
私は期待してる分、ひねくれてる分、人よりガッカリしてると思います。

エピローグでは嬉しい展開になるかな?
どうも青雪臭がして、気が気ではありません。
もちろん青薪さんの絆が復活するのは間違いないですが、
こんな事件があって、これだけ連載続けて・・・・・
今までよりもう少し形が変わっているといいんだけどなと思います。

そうですね!青薪シーン増やしてくださったことによる、増ページと思いたいww
やっぱり清水先生あおまきすとなんだよ~~もう~~このこのっ!
エピローグで青雪もってきたらちゃぶ台ひっくり返すぞ、と☆

うわーーん(;´Д`)
私も、あのシーンや、そこから成田へ近づいてゆくシーンが、別れが迫ってくる感じが、
秘密という漫画とのお別れもあいまって、
青木くんと同調して、わんわん泣きました。泣いてます。

カラー絵は、ええ、同じ部屋で間違いないでしょう。
飲み会と同じ席でペアのマグカップだとしたら全然いみわかんないんですけど
のろけているとしか・・・?(違)
まだまだ萌を信じて、生きます。
じゃないと私、明日が見えなくなっちゃうもの。

ではでは、コメントありがとうございました!

にに子.

>拍手で鍵コメくださった、Sさま


こんばんは!拍手・コメントありがとうございました!

読めましたかー^^
ええ、ええ、おそらく同じテンションです。
良いラストでしたよ。ハッピーエンドでしたよ。
でも、青薪的には・・・・・・・!
いえ、青薪的にはってゆうか、

あの男女ぜってーくっつきやがるぜおい!と思いました\(^o^)/
そして子供もできるんだぜおい!と思いました\(^o^)/
そんなの嫌です\(^o^)/困ります\(^o^)/お手上げです\(^o^)/
いくら薪さんの願いだからって、そりゃ薪さん幸せになってほしいよ、幸せ感じて欲しいよ。

でも、直接的に青木さんが関与する形限定でお願いします。

薪さんの切なる願いだったとしても、私も受け入れるのは難しいです。
エピローグが、すごく怖い。
私もそちらの押入れに一緒に潜り込んでいいですか?下段でいいんで。

ああ・・・・・・もう!あと二ヶ月命伸びたけど、やっぱり寿命は縮んでいます!
こんなに揺さぶられる漫画、なかなかないですよ・・・!


すいません、何かちゃんとしたレスになってなくて。いつもだけど。
コメントありがとうございました!

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

にに子のつぶやき

07/11 
青薪さんはくっついていたらそれでいい。早く結婚したらいい。全体像は後日アップです。


プロフィール

にに子.

Author:にに子.
※当ブログは腐向け要素を盛大に含みますので、ご理解ある方のみの閲覧をお願い致します。

・ご案内
 あおまきメイン
 イラストメイン
 幸せな二人を補給したい
・主張
 薪さんが好き
 青薪が好き
 清水先生の作品が好き
・その他
 手ブロ ピクシブ ツイッター
・コメントなどは
 お気軽にどうぞ!^▽^ノシ

※拍手コメントについて※

公開コメントのレスは コチラ 

非公開拍手コメントのレスは、各記事のコメント欄にて♪

カテゴリー

記事コメント

openclose

メールフォーム

コメント欄が苦手な方はコチラからどうぞ。何かあったらお気軽に(´V`)

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。