スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】メロディ6月号読みまして3

腰痛い。
この歳でシップを背中一面に貼ってるのってどうなんだろう。
・・一人でも「介の字貼り」はできるんだぜ!・・・・!!


6月号感想文その2です。

以下はネタバレしていますので、閲覧にご注意ください。








前記事への拍手ありがとうございました。
お読みくださった方がいることですら衝撃なのに、たくさん拍手いただけて・・・
何とお礼を申し上げたらよいやら。
というわけで、予定がキャンセルになってGW中のお休みが一日出来たので、
青薪さんを描き散らかそうと思います!何描こうかしら!

過去記事への引き続きの拍手も、大変ありがとうございます。
ピンポイントで恥ずかしやつに拍手くださってそれはそれは悶えております。
でもとっても嬉しい^^♪



青薪さんについて2



さて、6月号の青薪さんについてその2ですが。

私は何かと否定的に捉えるのがよくないなぁと思いました。
基本ネガティブだからね。
何ごともポジティブに考えなきゃね!



昨日、雪子さんの男見る目ないなぁについての解釈をチラと書いたんですが、
今読み返して、何かちょっと違う印象も受けました。

目の前にこんなに素敵な人がいたのに、今まで気付かなかったなんて…って思っていたけど。
今目の前の青木くんを見て、見る目ないなって改めて思ったなら、
今目の前の青木くんは今回の事件について、雪子さんを前にしても、尚、
「薪さん薪さん」とうじうじしている。

かつての恋人だった、鈴木さんも、薪さんばかりを見ていた。
かつて好きであった薪さんも、青木くんを好きで、つまり自分を見てくれてはいない。
今目の前にいるこの男も、自分を見ていない。
どうしてそんなに、振り向いてくれない人ばかり好きになってしまうのかしら?

という意味での、見る目ないなぁ・・発言。
だったとしたら、雪子さんは青木くんと「やり直したい」「やり直せる」とは思ってないかなと思った。
うん、てかもう無理だから。青木くんの気持ちどう見たって薪さんにしか向いてないから。
エピの一期一会では違う男性と結婚した雪子さんが・・・ね!
今から新キャラ出してもきょとんだから、第九メンバーとどうよ?
曽我さんか小池さんあたり拾って、尻に敷いておけばいいじゃない。
岡部さんも素敵よ。山本さんもチャーミングだよ。宇野さんはネクタイのセンス半端ないよ。今井さんでもいっか。奪っちゃえ!


ふぅ。
まぁ雪子さんはもういい。どいててくれ。


薪さん。薪さん薪さん・・・・!!


薪さんあなたまだ青木くんの事、好きでしょう。

薪さんからも、青木くんを好きな気持ちが溢れているように感じます。

地下駐車場で、青木くんを待ってあげなかった。
それはもう逃げるように、避けるように、車を発進させたように、読めました。
できれば、会いたくなかった。会わずに、距離を置きたかった。
サイドミラーに映る、追いかけてくる青木くんの姿を見て、何を想ったんだろう。


会いたくなかった。
のに、会いに来た青木くん。

もう~~!この行動力が青木くんの魅力だわ。
そうなのよ。これがないと、薪さんとの距離は縮まないの。
これくらいしないと。じゃないと、薪さんはどんどん一人で遠くへ行ってしまうんだもの。誰も寄せ付けず。自分の気持ちを散らしてしまうんだよ。
引き留めてあげてほしい。薪さんの気持ちを、引き出してほしい。本当の本当の想いは何なのか。


腐女子がいいように解釈しているだけですけど、
もう青薪成立なんて無理だとわかってるとか散々言ってきたけど、
やっぱり望んでるのです。(その繰り返しでここまで来た)
ええ、よくわかりましたよ、今号読んで。


青木くんを前にした薪さんの、なんと生き生きしていること。
喜怒哀楽が、溢れてる。
ENDGAME始まって以来、こんなに色々な表情を見られるのは、久しぶり。
薪さんの本来の姿というか、「素の薪剛」がそこにいる。

もちろん、青木くんもまた、薪さんの一挙一動に、感情が動かされてる。
ってゆうか基本的に赤くなっていて、それはつまり、嬉しいって気持ちが溢れている気がする。
薪さんが微笑めば嬉しい、薪さんが話し出せば、その意図を考える、(ほとんど禅問答だからなのもあるけどな)
寂しげな表情をみれば、離れる事を忘れていたかのように思い出す。
薪さんを前にすると、薪さんを好きで仕方ない子供のようだ。

二人のやりとりを見て、そんな風に思った。



薪さんはもう、色々と自分の気持ちにケリを付けて、次に進もうとしている。
青木くんに、青木くんだけではないけれど、輝かしい未来を与えるために、
それを目標に、これから先生きていこうと決意している。
未来を歩もうとしてくれるのはとっても嬉しいのだけれど、
青木くんへの気持ちを整理してしまうのは、寂しい。
薪さんがいいなら、いいって、思えない。
青木くんを好きな薪さんが、好きなんだ。
もうずっと、そうやって薪さんを見つめてきたから、どうしてもこだわってしまう。
薪さんが気持ちを清算して、どんどん前へ進もうとしても、
全然追いつけない。


だって、青木くんの事が好きって、薪さんからも溢れていると
やっぱり、どうしてもどうしても、感じるんだもの。


青木くんに、結婚しろって、絶対言うと思ったよ。
それが願いだと、いっそ晴れやかな表情で、伝えた。きっと本当に願ってる事。
そこまでなら、薪さんがいいならって、思えなくもない。

でもね、青木くんが離れたくないって、感情をぶつけるたび、
別れの時が近づくたび、
薪さんだって、離れるのが惜しいかのように、
寂しげな表情を浮かべているように、見える。私にはどうしてもそう見える。
だから全然納得できない。薪さんが何とか気持ちに蓋をしたようにしか思えない。
忘れたいのに、離れたいのに、青木くんを前にすると決心が揺らぐ程度にしか
気持ちを消化できていないようにしか、思えない。
本当は、もっと強い想いがあるって、どうしてもそんな風に思ってしまう。


青木くんを抱き返せなかったのは、なんでですか?
言おうとして言えなかった想いがまたこみ上げてしまうからではなくて?
この手を取ったら、この肩に触れたら、自分の気持ちを叫んでしまいそうだからではなくて?
それとも青木くんのため?青木くんが、薪さんから離れるため?
薪さんがいなくても、一歩歩き出せるために?


気持ちを清算したっていうのは、青木くんを好きじゃなくなったのではなく、
青木くんを好きでいようと思い至ったのかな。
きっと、青木くんは変わらない。変わらずに青木くんらしくありつづける。
だから、薪さんも変わらずに、想い続けよう、みたいな。
でもだからといって、求めないんだよね、薪さんという人は。
その想いを仕事をしていく上で、生きていく上で大切にしていこうと思うだけで。


違うだろ薪剛!(急に叫ぶ)


何より、最後まで駄々こねてる子供みたいな青木くんをみて、
突き放しきれなくて、何かしてあげたいと思ったんじゃないの?
自らが与えられるものなら、差し出してあげたいと思ったんじゃないの?
青木くんから離れられないんだって、思ったんじゃないの?
思ったから、「いそがなくていい、待っているから」って。
気持ちは離れないと、伝えたんじゃないのかな?
かならずまた会おうと、伝えてくれたんじゃないのかな?


そんな風に思った。

    
あれ?もっと薪さんのばかーって叫ぼうと思ってたのに、案外そうでもなかったぞ。

だからまぁ、つまりだね、
青薪さんは、こんなにも思い合ってるじゃないのと思いました。
この時点で成立していると捉えてこその、腐女子!(違)
8巻扉のお電話しているお二人は、そうか遠距離でも順調に愛を育んでいた姿だったんだね☆


読み返してないのだけど、多分色々とおかしいと思うので、
書き直したりするかと。

感想文は、あと一個。
先生の絵について、これが好きこれが素敵だったとかそうゆうあれです。
ついでに絵もかけたらいいなあ。

今日は予定がごっちゃりしているので、レスは夜にできたらと思います。
コメ欄で言えないハードなご感想をお持ちの方、メッセージお待ちしております(笑)

ではひとまず!

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://himitsuno225.blog.fc2.com/tb.php/144-9a68e0d0

Comment

にに子.

>拍手で鍵コメくださった方へ

こんばんは~^^コメありがとうございました!

そうですね、青木くんは雪子さんに関して割と冷静ですよね。
薪さんに関してだとあんなに感情揺さぶられてるのに。
離れたくなくて必死に追いかけてわんわん泣いて最後なんか薪さんの方見られなくて拗ねたコドモみたいな顔して本当にこれだけ答えが出てるのになぜ自覚がないのかサッパリ理解ができません。この天然め!

青木くんへの想いが、薪さんの原動力となっている、私もそう思います。
青木くんがたくさんの幸せに包まれますように。そんな感じ。
ただそれだけをひたすらに願う感じ。
青木くんからは「一緒にいたい・離れたくない」ってのはわかったけど、
薪さんにも幸せになってほしいって、ちゃんと思ってるかな~?自分の気持ちばかり押し付けているような気がしてきました。
ついでに言うと、幸せになって欲しいじゃなくて、幸せにしたい俺が、だと良いんですけど。がんばっておくれーー><

私も、ホテルでの二人のやりとり大好きです^^!
薪さんさかだってる!!!!!www
薪さんもまた、青木くんの前だとこんなに感情露わにするのですよね。いいなぁこの二人。

「待っているから」は、私もおんなじ解釈です^^
期待しているというか、もはや確信しているというか。
青木くんの愛を一番感じているのもまた薪さんなんだろうな。
(青木くーーん!それ上司敬愛の念超えてると思うんだけどな~~)

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

にに子のつぶやき

07/11 
青薪さんはくっついていたらそれでいい。早く結婚したらいい。全体像は後日アップです。


プロフィール

にに子.

Author:にに子.
※当ブログは腐向け要素を盛大に含みますので、ご理解ある方のみの閲覧をお願い致します。

・ご案内
 あおまきメイン
 イラストメイン
 幸せな二人を補給したい
・主張
 薪さんが好き
 青薪が好き
 清水先生の作品が好き
・その他
 手ブロ ピクシブ ツイッター
・コメントなどは
 お気軽にどうぞ!^▽^ノシ

※拍手コメントについて※

公開コメントのレスは コチラ 

非公開拍手コメントのレスは、各記事のコメント欄にて♪

カテゴリー

記事コメント

openclose

メールフォーム

コメント欄が苦手な方はコチラからどうぞ。何かあったらお気軽に(´V`)

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。