スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イラスト】メロディ6月号読みまして6


ここ数日、過去記事に拍手くださっている方、本当にありがとうございます!
生きる糧でございます(T T)



いよいよメロディ前日ですね。今日手にされるかたもいらっしゃるんですねぇ。
・・・というような一文をタイプするのもこれが最後なのか・・・さみしいです。


以下は、
残っていたメロディ6月号の感想(毎回同じこと言ってるだけだけどね)と、
ものすごくくだらなくて、ものすごくキャラ崩壊なイラスト達です。

まだやってんのかよ、な感じですいません。



気がついたらもうメロディですが、残っていたメロ6月号感想を残して置きます。
相変わらず青薪視点です。



とてもハッピーで、本当に綺麗にまとめられていた最終回。
私が薪さんが好きなだけの人だったら、純粋に話を楽しんでいたらよかったのに。
何よりも青薪さんを追ってしまったので、消化不良で喜べなかったんですが。

どうやっても消化できず、考えるのを一旦中止してしまいました。
けれど、「それでいいや…」は嫌だなぁと思いました。
私も「無理矢理自分を納得させる」のは嫌です。
「私にはこのラストは喜べるものではなかった」という決着になるのも嫌ですが、
「青薪視点じゃなければ、よい話だった」って毎回思うのももう嫌で。
でも青薪さんの絆が軸だったのだから、そこを描ききってくださらないと私は納得ができないのですもの。
(恋愛的なあれじゃない視点だったとしても、青木くんのダダこね具合が非常によろしくないと思います)
(ので、きっとエピローグで彼はミラクル成長を遂げていて、カッコよく書いてくださるに違いないと信じているあおきすとです)



薪さんが生を望んで、希望あるラストだったというのは、とても大事な事です。
それを素直に喜べたらよかったのですが、
私は、薪さんが青木くんに好意を抱いていたからこそのストーリー展開だと思ってきたので、それが報われない(薪さんが気持ちを昇華させてしまった+青木くんが全然気付いていない)ラストは、たとえ薪さんが気持ちにケリつけて望まずとも、私にはケリがつかないのです~~><

私がこの最終話から読み取れない以上は、「納得」は誰がどうこじつけようとできないのだと思うようになってきました。(開き直りとも言う)
壁をぶち壊してくっついて欲しかった。
少女漫画の男女の恋を応援するのと同じ、主人公が両想いでハッピーエンドを望むのと同じで、報われて欲しかった。
せめて、想いが青木くんに伝えられてほしかった。はっきりと。恋愛感情で好きだという設定を設けたなら、それを伝えて欲しかった。
(青木くんが自分の感情に気づかないとかは、描ききれなくてもいいから)
せめて、薪さんの想いを外に出して欲しかったのに。
(いや、清水先生的には昇華させた形とはいえ出したじゃんって感じなのかもですが…)(昇華する前の想いを青木くんに…!!)


でも清水先生を批判したいとかもちろん思いませんから、
秘密はとても素敵な作品で、大好きだという想いを失くしたくないから、
エピローグを信じて待っているわけです。

「信じて待って青雪見せつけられて落ち込むのが嫌だから、あまり期待しないようにしよう」とか、思うとどうしよもないので、
いっそ信じて待ってみようかな、みたいな。
こんな最終回じゃやだーって、ずっとヤダヤダしてるより、
明るい事考えて馬鹿みたいに信じて待つ方が楽しいので、結局いつも通り青薪さんのことを考えながら生活してます。

しかしなかなか萌えは復活しなかったんだけど・・・。

やっぱり薪さんが気持ちにケリつけちゃうと、どうでもよくなってしまう部分があるよね。
「こんなん描いてもしょーもないなぁ」とか、「薪さんの恋が叶ってほしくて、せめてイラストだけでも幸せにくっ付いてほしいなぁ」なんてスタンスから描いたもの達がさ、「薪さんが望んでないなら、しょーもない」になっちゃうんですよ。

でも、封じ込んだけど、望んではないかもしれないけど、きっと好きという気持ちは残ってるんだと思いながら
(・・・・半ば病的な執着心でポジティブ解釈しながら)、とりあえず今まで過ごしてきましたよ。

エピローグで叩き落とされた時は、その時落ち込もうかしら。なんて。
なんて言ってたらもう前日っていうね。どうしようね。


まだこんな事でウダウダしててすいません~~
てか本当はもっと色々書きたいことあったと思うんですが、全部忘れました。


で、最終回読んでしばらく、青薪が成就しなかったのでウジウジしていたけど、
じゃあどうしたらよかったの?と思ってるうちに描いたであろうくだらない絵がでてきました・・・


いつもの「読みました・描きましたシリーズ」です。

6gatugou-02.jpg




・イライラする感じで

6gatugou-ay1.jpg





6gatugou-ay2.jpg





6gatugou-ay3.jpg


にに子がウジウジする原因となったのは、「やり直しましょう」と言われて、青木くんが赤くなってる、
たった1コマのせいだったのでした。

ので、ここは一発、「もうこの時点で、はっきりお断りできるほどに薪さんを選んでいてくれ!」と念じた結果描いた絵。
・・書いてるうちにキャラ崩壊。
こんなん嫌だ。←自分で書いたんだろ


//////////


・あの時追いついたら?

6gatugou-aam1.jpg




6gatugou-aam2.jpg



この後、無言でウインドウを閉められ、結局離れ離れになってしまう青薪さん。
と、車中で気まずい思いをする岡部さん。
・・・こんなの嫌だ。←自分で書いry

てまぁ、追いついても、この時何も言えなかったのでは?と思うわけです。
いや、せめて上司に対して、今までご指導いただいたお礼くらいは言って欲しいんですけどね?
青薪的な、なんだかんだは、この時点では無理だな。
岡部さんもいる事だし、あんまり、感情のぶつけ合いはできなかったはず。
薪さんの閉じていた心が開いたのはあの公園での時だったものね。
だから、色々と必然だったわけで。
だから、青木くんが残念なのも、必然だったわけで。
エピローグに期待するわけで。

///////////



まだ書き途中のアレコレもあったんですが、とても書き上がる気がしません。
結構真面目に考えたのもあったんだけど・・それはいつか違う記事でアップできたらいいなぁと思ったりします。

ともあれ明日ですね~~!
みなさん頑張ってくださいね!
にに子は死に物狂いで休みとりました。内容によりますが、何かしら記事書けたらと思います!

ではでは。

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://himitsuno225.blog.fc2.com/tb.php/149-a8b62cbc

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

にに子のつぶやき

07/11 
青薪さんはくっついていたらそれでいい。早く結婚したらいい。全体像は後日アップです。


プロフィール

にに子.

Author:にに子.
※当ブログは腐向け要素を盛大に含みますので、ご理解ある方のみの閲覧をお願い致します。

・ご案内
 あおまきメイン
 イラストメイン
 幸せな二人を補給したい
・主張
 薪さんが好き
 青薪が好き
 清水先生の作品が好き
・その他
 手ブロ ピクシブ ツイッター
・コメントなどは
 お気軽にどうぞ!^▽^ノシ

※拍手コメントについて※

公開コメントのレスは コチラ 

非公開拍手コメントのレスは、各記事のコメント欄にて♪

カテゴリー

記事コメント

openclose

メールフォーム

コメント欄が苦手な方はコチラからどうぞ。何かあったらお気軽に(´V`)

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。