スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】メロディ8月号読みまして1

ご無沙汰しておりますにに子です。
あけましておめでとうから記事の更新まったくしてなかった奇跡・・・
新しい仕事初めて今掛け持ちで働いてるんですが余裕がなくって^^;
いただいたコメントの返事もできないままですみませんでしたm(_ _)m

今日は2014年8月号のメロディ感想をざっくり書いてみます。
読みましたしネタバレですしおすし!
久しぶりに長文を打つので色々とおぼつきませんがどうぞなのです。



秘密ファンの皆様はもう読んでいらっしゃると思うし、
感想記事もアップされてるかもなのですが、自分の感想吐き出してからゆっくり読みます。
まずは私の叫びをば。



・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!(声にならない声)


ねぇ?!

見た?!

見たよね!?!??!!?!!?



私の愛しの青木君が・・・・・青木くんが・・・・・あおぎぐんがぁぁぁぁ


久しぶりに薪さん拝めたことで皆さん狂喜乱舞だと思いますが
私はそれ以上に青木くん拝めて狂喜乱舞なわけですよ
わざわざご説明しましょうか?しますね?
だってジェネシスとか予告カットでは結局薪さんが拝めていたわけですよ皆さん的には鈴木さんも拝めてひゃっはーだったと思うのですが第九メンバーそれも青木くんの登場を諦めながらもうじうじと待ち望んでいたこの思いの強さが私に勝てるやついんのかって話なんですよ(正直仕事でそれどころじゃなかったけどな)

いやー・・・予告でもさ、半信半疑だったわけじゃん?
そうじゃなかった?
私はもうね、ほぼあきらめてたね。
半目で予告の情報読んでたもの。
薪さんが出たとしてもたぶん青木くんは出ないなって。
まー出ても薪さんの相棒・岡部さんだろうなって。
だって青木くんは管区が遠いからさーーー
ってゆうかそれ以上に先生がもう描き切った感出してらしてもうお別れなんだって最終話・エピローグで涙したわけですよ。


でもね、私もう確信したわよ。

先生がぶっちぎりの青薪すとだということを。

この二人を書きたくてしょーがないんですよ。

手紙の件も、わざわざ・・・・・わざわざ!!!続きを書きたいくらいに、青薪すとなんですよ。

もう少女漫画誌ではあれが限界だったよなって納得したのに
先生の方から歩み寄ってくださるとは。
ここへ来て青薪が乖離するとは考えられないのでもう成就を形にするためだけの続編であると確信しておる。
(事件は)

事件のことそっちのけでもう青薪の話ばかりで申し訳ないんだけどもーーー

初読の勢いでぶちまけます。恥ずかしくなったらあとで消します。


ちょっとーーーーー青木くんーーーーーお前手紙に何書いたんだよぉぉぉぉーーーー//////

エピローグでの青木くんの手紙(下書き)内容では
家族とは、みたいな形だったじゃない?
まぁ薪さんの事、もっと知りたいです的なさ。
正直、返事もくそもないじゃん。返事を催促するものではないと思うのよ。
電話(スカイプ)やメール等の仕事の連絡はあるってことで、
一日の終わりにちょっと近況聞くくらいのチャンスはあったわけじゃん。
でもそれじゃ解決しないのよね?
手紙、届きました?くらいは電話で突っ込んでもいいんじゃないか?
でも「読んだよ、ありがとうな」くらいの返事じゃすまない、そんな軽い内容の手紙じゃないから
お互いに言い出せないわけですよね?
ごちそうさまです!

で、手紙の件について触れられてすっとぼけた薪さんですが。

薪さんんんn-----

びびってんなよーーーーーってまず思いました。

たぶん、内容に決定的な「何か」が書かれているのが怖くて、
読んでないんじゃないかなって思っちゃいました。
仕事の連絡は取り合っているし、そんな事を文書で届けてくるわけないし、
それこそ仕事の内容だったら電話の際に「手紙確認していただけました?」の一言があってもいいわけで
(そもそも一年前のパリにいる際に仕事内容を文書でやりとりするような間柄ではないしな)
てことは自ずとプライベートな内容であることは明白。

エピローグで薪さんは一歩前に踏み出せたんですよね。
自分を受け入れることができたわけで、
そこからまた一歩一歩と人間的に成長してゆくこと、環境が変わるのが怖いのかなって。
でももう青木くんの事意識しまくってるし、あと一歩踏み出したらもう青薪さん結婚だしごちありです!ってところなんで
まじがんばっていただきたいですね(真顔)

だってさーーー「お前の助けはいらない」ってさーーーー
すっごい意識してると思わないか?!
精神的な意味での助けでしょ?
ひとりでできるもん的なあれですか?
いや、薪さんそうやって一人で飛び出したりして無謀なことするから
青木くん追いかけてきちゃうんだよ?
いい感じに餌あげてりゃ青木くんとも適度な距離保てるのに
あえておあずけなんてするから青木くんが待て状態からやがて限界を迎えて飛び出しちゃうんだって
それさーどんだけ繰り返すの天然の小悪魔なのなんなの好き


あとねー
この青薪さんがモニターの前でコーヒー飲みながら話してるとこ、
久しぶりに青木くんと会えて薪さんの顔が緩んでるのたまんないんですけど。
なんだよこいつら本当にお互い大好きじゃねーかごちそうさまです。

「いつまでも僕の「部下」でいるのはやめろ」ですか?
はい、じゃあ今日から正式にパートナーとして薪さんと関係を深めていくのでよろしくお願いしますって返しを待ってるんだよね?ごちそうさまです。

ほんでな、この後の薪さんのモノローグ。
基本的に薪さんのモノローグは珍しいし、唐突で不自然だといっつも思うわけですが。
(青木くんに対してのみ)
これどうゆう意図で入れたんだろ、先生。
青木くんの状況もわかってるし、反論しないってわかってる。
でも敢えて言い放った意味は何?
薪さん、やっぱり自分から引き離したいと思ってるのかなー心の底では欲してるくせにーーー
そうだよ、心の底で欲してるし、久しぶりに会ったらやっぱり単純に「うれしい」からこそ
表面的には引き離したいポーズなんか取るから、決定打が打たれているかもしれない「手紙」が読めないんだよー

早く結婚しろ(結論)

もうさー先生、成就するまでの過程が困難なほど燃えるタイプとしか思えませんよー
これでズッコケ展開だったら本当・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ゲンドウのポーズ)


主に青薪さんの事しか語ってないけど・・・
すいません目が限界に疲れたのでまた。

小池さんスピンオフ期待してたんだけど残念。
これから岡部さんがナイト的活躍をして青木くんが「もう助けいらないって言ってたし」って
意地張って薪さん追いかけないで切羽詰った薪さんが「あおきーーーー!」って泣き叫んだりしながら素直になってゆく某ドSのss作家さんのような展開になることを期待します。
岡部さんの活躍楽しみです。
青木くんの活躍はもっと楽しみです。もう九州管区放棄してあとでクビになって薪さんと一緒に暮らせばいいじゃん(ゲス顔)


次は
絵が描けなくなったんだけど、かける範囲で何か書き散らかしたりしたいと思っています!

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://himitsuno225.blog.fc2.com/tb.php/175-02f8d1f2

Comment

しづ

にに子さーんっ。
よかったね、よかったね、よかったねええ! にに子さんの青木さん、帰って来たよー!
予告に「薪さんが旅立った後の第九」とあったのに、にに子さんが反応しないの、なんでだろうと思ってたら、青木さん出ないと思ってたのか~。わたしは逆に、薪さんが出ないと思ってました。声だけとか、出ても回想くらいかと。
それがまさかの青薪さん! しかも薪さん出ずっぱり!! 嬉しくって、メロディ持って跳ねちゃいましたよ!
にに子さんの言う通り、
『先生はぶっちぎりのあおまきすと』!! 
そりゃそうだよ、好きじゃなきゃ描かないよ。プロには色んな縛りがあると思うけど、好きだから描きたいという原点は同じだよね!


>成就を形にするためだけの続編であると確信しておる。

わたしもそう思いましたよ!
ええ、今まで何度も何度もこんなこと考えちゃあ裏切られて落ち込みましたけどまた今回も繰り返すんだろうと確信しておりますけど敢えて言わせてもらいます!
もうこれは、「薪さんは青木さんのプロポーズをどんな風に受け入れるのか」という話なんですよ!
……懲りないねえ、わたし(笑)

>薪さんは手紙を読んでない

わたしは読んだと思いました。その上で、なかったことにしようとしてる。
うーんとね、遠く離れた大事な人から葉書ではなく封書が届いたら、大事なことが書かれているって思う、そこまではにに子さんと同意見なんですけど、
まずは心配が先に立つと思うの。なにか人に言えない、困ったことが起きたのかなって、わたしならそう思う。だから怖くても読むと思う。
で、読んだけど、そこは薪さんだから。「結婚して自分の子供を持って」欲しいわけですよ、青木さんに。
だから本気で今回は、青木さんの方からぐいぐい行く話だと思うんですよ! ようやくこの形(青木→薪)になったわけで、花火打ち上げてもいいくらいの慶事なわけですよ!(大真面目)

第九本編の続きはないと思ってたから、嬉しくて嬉しくて。周りが見えてない状態なので色んなとこで顰蹙買ってると思うけど、抑えきれなくて。
こちらの記事を読ませていただいて、わたしの他にも異常なテンションになってる人がいるのが分かって安心しました♪←何気に失礼。

最後に一つ。
「某ドSのss作家さん」て、だあれ?
  • URL
  • 2014/07/01 17:33
  • Edit

にに子.

>拍手で鍵コメくださったSさま

こんにちは!さっそくの拍手とコメありがとうございました!!


>読んだのね!

読みましたとも!!!!!
本当、普通に本編の続きでしたーね。
なんでスピンオフなんだろう??
まっくろクロスケの時みたいな読み切りのだったらわかるんだけど。

>もうプロポーズの顛末を描くためだけの連載だから

もうね、これが正解ですね。
そうとしか思えません。
色々間違ってないと思います。
もはや青薪がくっつくのかしか見てない間違った読者は私です。


ではでは拍手コメありがとうございました!!
  • URL
  • 2014/07/03 00:01
  • Edit

にに子.

>拍手で鍵コメくださったAさま

こんにちは!さっそくの閲覧とコメントまで、ありがとうございました^^!

えっ、掛け持ちしてますよーーー
大丈夫です。まぁ何をもってして大丈夫なのかわかりませんが。
ただ人の生き方は人それぞれあると思うんですが、自分の今の生き方が
正解とは微塵も思えずにいます・・・・・・

>読者の想像通りのハピエンでいいんじゃないの?て思ったんですが・・

そうですね。あれで十分納得できる青薪成就ありがとうエピローグだったわけですが・・
ただ、拾いきれてない部分もあるのかもしれませんね。
ジェネシスを書いているうちに、薪さんの人物像が先生の中で何か変わったのかもしれません。
その辺の過去と絡めながら今の薪さんが何かを乗り越えたり決着をつける所を
書きたいと思ったのかなーなんて。

まーなんてゆうか、最早何も恐れるものはないですね。
本編読んでた時のハラハラ感は落ち着きました。
安心してお二人の結婚をお待ち申し上げます。

事件も、読み応えありがそうなので、今後の展開がとても楽しみです!^^

  • URL
  • 2014/07/03 00:10
  • Edit

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

にに子のつぶやき

07/11 
青薪さんはくっついていたらそれでいい。早く結婚したらいい。全体像は後日アップです。


プロフィール

にに子.

Author:にに子.
※当ブログは腐向け要素を盛大に含みますので、ご理解ある方のみの閲覧をお願い致します。

・ご案内
 あおまきメイン
 イラストメイン
 幸せな二人を補給したい
・主張
 薪さんが好き
 青薪が好き
 清水先生の作品が好き
・その他
 手ブロ ピクシブ ツイッター
・コメントなどは
 お気軽にどうぞ!^▽^ノシ

※拍手コメントについて※

公開コメントのレスは コチラ 

非公開拍手コメントのレスは、各記事のコメント欄にて♪

カテゴリー

記事コメント

openclose

メールフォーム

コメント欄が苦手な方はコチラからどうぞ。何かあったらお気軽に(´V`)

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。